HOME  > コンテンツ  > 外国人の出入国について  > 各種申請手続き  > 資格外活動許可申請

資格外活動許可申請

留学生がアルバイトをする場合は、資格外活動許可が必要です。

資格外活動許可とは、在留資格で定められた活動以外の活動を行おうとする場合に必要となる許可のことです。たとえば、「留学」「就学」「研修」「家族滞在」の在留資格を付与されている外国人は、収益活動を行うことはできません。ただし、資格外活動の許可を受けた場合には、当該許可にかかる活動に限って収益活動をすることができます。

アルバイト可能時間一覧表
1週間のアルバイト時間 教育機関の長期休業期間中のアルバイト時間
留学生 大学・大学院の学生 28時間以内 1日につき8時間以内
聴講生、研究生、専ら聴講による研究生、科目等履修生 14時間以内 1日につき8時間以内
専修学校・高等専門学校の学生 28時間以内 1日につき8時間以内
就学生 1日につき4時間以内
手続対象者 現に有している在留資格に属さない収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動を行おうとする外国人
提出時期 現に有している在留資格に属さない収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動を行おうとするとき
審査基準 現に有する在留資格に関する活動の遂行を阻害しない範囲内であり、かつ、相当と認めるとき
標準処理期間 2週間〜2ヶ月
お電話でのお問い合わせ(平日9:00から18:00)
03-3778-5450
メールでのお問い合わせ
プリンタ用画面
前
再入国許可申請
カテゴリートップ
各種申請手続き
次
就労資格証明書交付申請

入国管理局(入管)へのビザ申請(取得 更新) 在留資格(期間)変更 更新 就労ビザ他 首都圏の査証(ビザ)の相談なら就労ビザ申請代行センター

Copyright (C) 2008-2015 就労ビザ申請代行センターAll Rights Reserved.