在留資格変更許可申請

現在の在留資格を変更する手続き

在留資格変更許可申請とは、現在の在留資格から新しい在留資格に変更しようとする場合の手続きです。

代表的な例として、「留学」の在留資格を有する外国人が日本の大学を卒業後、日本の企業に就職する場合や、日本人の配偶者が日本人と離婚または死別した場合に「定住者」の在留資格を取得する場合などがあります。

手続対象者 現に有する在留資格の変更を受けようとする外国人(永住者の在留資格への変更を希望する場合を除く。)
提出時期 資格の変更の事由が生じたときから在留期間満了日以前
審査基準
  • 申請に係る本邦において行おうとする活動が虚偽のものでなく,出入国管理及び難民認定法別表第一の下欄に掲げる活動又は別表第二の下欄に掲げる身分若しくは地位(永住者の項の下欄に掲げる地位を除く。)を有する者としての活動のいずれかに該当し,かつ,在留資格の変更を適当と認めるに足りる相当の理由があること。
  • 「短期滞在」の在留資格を有する者にあっては,上記に加えてやむを得ない特別の事情に基づくものであること。
標準処理期間 1ヶ月〜3ヶ月