在留資格認定証明書交付申請

海外の外国人を日本に呼び寄せるための手続き

在留資格認定証明書とは、日本に入国しようとする外国人について、その外国人の入国目的が入管法に定める在留資格のいずれかに該当していることを、法務大臣においてあらかじめ認定したことを証明する文書です。

在留資格認定証明書の交付申請とは、海外の外国人を日本に呼び寄せるための手続きです。海外の外国人を雇い入れることとなった日本の企業や、日本での関係者がこの交付申請をします。この交付を受けた外国人は、これを在外の日本国領事館などに提示すれば、すみやかに査証が発給されますし、日本に到着して上陸の審査を受ける際にこの証明書を提出すれば、事前に法務大臣において在留資格に該当しているかどうかの審査が完了していることが明白ですから、在留資格に適合していることを立証する文書を提出する必要はなく、容易に上陸の許可が得られるメリットがあります。

この証明書の発行には1ヶ月〜3ヶ月程度の期間がかかりますので、早めの準備をおすすめします。

海外の外国人を日本に呼び寄せるための手続き

(1)(2)
日本にいる関係者が入国管理局に対し、「在留資格認定証明書」の申請を行います。ここでは、来日予定の外国人本人が、適切な学歴・能力・技術を有しているかどうかだけではなく、受け入れる企業の業務の安定性・収益性なども審査されます。
(3)(4)
「在留資格認定証明書」が交付されたら、すぐに海外にいる外国人へ送付します。この「在留資格認定証明書」は有効期限が3ヶ月ですので、期限切れになってしまうことの無いよう、くれぐれも注意してください。
(5)(6)
外国人本人は、現地の日本大使館または領事館に、「パスポート」と「在留資格認定証明書」を持って、査証の申請に行きます。
手続対象者 日本に入国を希望する外国人(短期滞在を目的とする者は除きます)
提出時期 入国前に交付を受けることができるように提出すること
標準処理期間 1ヶ月〜3ヶ月