技術ビザ

技術とは

「技術」とは、日本の公私の機関との契約に基づいて行う理学、工学その他の自然科学の分野に属する技術または知識を要する業務に従事する活動をいいます。

一般に、理科系の4年制大学を卒業、あるいは10年以上の実務経験のある外国人で、その後日本において就職しようとするときは、この「技術ビザ」になります。

主にプログラマーやシステムエンジニア等のIT技術者、機械等設計者・開発者などを日本に呼び寄せる場合がこれにあたります。

技術ビザ 取得の際の基準

申請人が次のいずれにも該当していることが必要です。ただし、申請人が情報処理に関する技術または知識を要する業務に従事しようとする場合で、法務大臣が告示をもって定める情報処理技術に関する試験に合格しまたは法務大臣が告示をもって定める情報処理技術に関する資格を有しているときは、1. に該当することを要しません。

  1. 従事しようとする業務について、これに必要な技術もしくは知識に係る科目を専攻して大学を卒業もしくは同等以上の教育を受け、または10年以上の実務教育(大学、高等専門学校、高等学校、中等教育学校の後期課程または専修学校の専門課程においてその知識に係る科目を専攻した期間を含む)によりその技術もしくは知識を修得していること。
  2. 日本人が従事する場合に受ける報酬と同等以上の報酬を受けること。