HOME  > コンテンツ  > 就労ビザをとりたい  > 就労ビザとは

就労ビザとは

就労ビザとは

就労ビザとは、一般に日本で就労することを目的とするビザ(在留資格)の総称として使われます。

外国人が入国審査で、なんらかのビザ(在留資格)を取得し、日本への入国・在留が認められたからといって、誰でもが日本で就労できるとは限りません。日本での就労を目的としての入国・在留であるならば、就労が認められている、いわゆる就労ビザを取得しておかなければなりません。就労が認められていないビザ(在留資格)もあるからです。

さらに、就労ビザであっても、行うことができる活動の範囲が決められていますので、どんな職種にも就けるというわけではありません。

「永住者」や「日本人の配偶者」等は例外として、就労ビザではありませんが、就労に制限はありません。

ですから、外国人を雇う企業は、その外国人がどのようなビザ(在留資格)なのか、もしくはこれから採用予定の外国人を日本へ呼び寄せる場合には、どのような業務をやってもらうのかに合わせて、どのビザ(在留資格)を取得したらいいのかを充分確認することが重要です。

就労が認められるビザの種類

「外交」、「公用」、「教授」、「芸術」、「宗教」、「報道」、「投資・経営」、「法律・会計業務」、「医療」、「研究」、「教育」、「技術・人文知識・国際業務」、「企業内転勤」、「興行」、「技能」

原則として就労が認められていないビザの種類

「文化活動」、「短期滞在」、「留学」、「就学」、「研修」、「家族滞在」

「留学」、「就学」、「家族滞在」のビザを取得している外国人がアルバイト等を行おうとする場合には、資格外活動の許可を受ける必要があります。

お電話でのお問い合わせ(平日9:00から18:00)
03-3778-5450
メールでのお問い合わせ
プリンタ用画面
前
就労ビザをとりたい
カテゴリートップ
就労ビザをとりたい
次
技術ビザ(SEとして働きたい)

入国管理局(入管)へのビザ申請(取得 更新) 在留資格(期間)変更 更新 就労ビザ他 首都圏の査証(ビザ)の相談なら就労ビザ申請代行センター

Copyright (C) 2008-2015 就労ビザ申請代行センターAll Rights Reserved.