ビザ申請・取得・更新の流れ

ビザ(査証)の申請

通常、査証(ビザ)は、外国人が現地の在外公館に直接申請します。外交、公用、短期滞在査証(ビザ)などは比較的短期間のうちに発給されます。それに対し、就労や長期滞在を目的とする査証(ビザ)は、在外公館 → 日本の外務省 → 法務省入国管理局 へと協議されますので発給までに長期間かかります。

そこで、「在留資格認定証明書」を事前に取得しておけば、通常の査証の申請よりも、発給はスムーズに行われます。

入国審査

外国人が日本に上陸(入国)するためには、原則として在外公館が発給した査証(ビザ)の記載のある有効な旅券(パスポート)を入国港で入国審査官に提示し、上陸許可を受けなければなりません。

「査証」や「在留資格認定証明書」を取得できたからといっても、必ずしも日本へ入国できるわけではありません。

などが審査され、最終的に問題がなければ、在留資格が付与され、在留の期間も決定します。晴れて入国が許されるのです。

在留資格の更新

在留期限は個々人によってことなりますので、自分の在留期限が近付いてきましたら、オーバーステイにならないよう、余裕を持って早めに「在留期間更新許可申請」を行いましょう。