出国について

外国人が日本から出国する際の手続き

日本から出国しようとする外国人は,出国する港(空港)で、入国審査官から出国の確認を受けなければなりません。出国の確認は,個々に外国人の出国を確認するものであり,出国自体を規制するものではありませんので、出国の許可を受ける必要はありません。

出国の確認は,原則として外国人の所持する旅券に証印をすることによって行いますが,次の点に注意が必要です。

  1. 上陸を許可された際に、旅券(パスポート)に添付された「外国人出国記録」に記入漏れがないか確認し、署名をしておきます。
  2. 入国審査官に外国人登録証明書を返納します。但し、再入国許可または法務大臣が交付した難民旅行証明書により出国する場合は、外国人登録証明書を入国審査官に返納せずに、そのまま海外に持参します。

なお、日本から出国した後、再び同じ在留目的で日本へ入国する予定の外国人は、出発に先立ち再入国許可を受けておくようにしましょう。再入国許可を受けずに出国してしまうと、それまでの在留許可は消滅し、再来日する際には改めて査証の発給を受けてこなければならないなど、大変な手間が必要となってしまいます。