HOME  > コンテンツ  > 査証(ビザ)・在留資格について  > 査証(ビザ)とは

査証(ビザ)とは

査証(ビザ)とは入国申請のための要件の1つにすぎません

査証(ビザ)とは、外国人が日本に入国するのに先立って、日本の大使館や総領事館などがその外国人が所持する旅券(パスポート)や入国目的を事前にチェックし、その外国人が日本に入国するのに問題はないと判断した際に、旅券(パスポート)に押印されるものです。日本に到着した後に、日本国内で取得しようとしてもできません。

外国人が日本に入国するためには、自国の政府から発給された有効な旅券(パスポート)を所持していることのほかに、査証(ビザ)が免除される場合を除き、その旅券に日本の大使館や総領事館などが発給した査証(ビザ)を取り付けていることが必要です。

しかし、査証(ビザ)そのものが入国許可を保証するものではありません。あくまで入国申請のための要件の1つにすぎません。査証(ビザ)を持っていたとしても、入国審査の結果、入国が認められないというケースもありうるのです。

なお、一般には「ビザ」を在留資格の意味として使うことがあります(就労ビザ、ビザの更新など)が、正確には異なるものです。

在留資格には27種類の定めがございます

在留資格とは、外国人が日本に在留する間、働いたり学校へ通ったりといった一定の活動ができること、または永住者や日本人の配偶者等といった一定の身分や地位を有する者であるということを示す法的資格です。

現在の日本では、出入国管理及び難民認定法(入管法)により、27種類の在留資格が定められています。そして、それぞれの在留資格ごとに、就労が認められるのかどうかといった活動の範囲や、3年や5年・無期限などの在留期間が定められています。

在留資格一覧

外国人は入国・在留の目的にあわせて、該当する在留資格を取得する必要があります。逆に言うと、この27種類の在留資格のいずれにも該当しない場合には入国・在留することはできないということになります。

また、この在留資格は2つ以上を併せて取得することはできません。例えば、「留学」の在留資格を持つ外国人が卒業して就職した場合には、就労が認められる在留資格に変更する手続きが必要となります。

お電話でのお問い合わせ(平日9:00から18:00)
03-3778-5450
メールでのお問い合わせ
プリンタ用画面
前
査証(ビザ)・在留資格について
カテゴリートップ
査証(ビザ)・在留資格について
次
在留資格一覧

入国管理局(入管)へのビザ申請(取得 更新) 在留資格(期間)変更 更新 就労ビザ他 首都圏の査証(ビザ)の相談なら就労ビザ申請代行センター

Copyright (C) 2008-2015 就労ビザ申請代行センターAll Rights Reserved.